前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)

1000S2(Mille Sport 2)


84〜85年式

・モデルの概要・
84年のミッレ・エンジンの登場を受けて、900S2もエンジンの変更を受け、ミッレS2となった。

ミッレMHRとミッレS2を比較すると、圧倒的にミッレMHRの人気の方が高く、これを示すように、カジバ社の買収に伴いミッレMHRはしばらく製造が継続されたが、ミッレS2は直ちに製造が中止されたため、ミッレS2の製造期間は短く(84年のみ)、僅かに171台のみ製造された。 これは間違いなく、ベベル・ツインで最も製造台数の少ないモデルの一つである。 なお、84年式の在庫は、85年まで販売が続けられたようである。

最終型ベベル・ツインは、純粋な「矛盾」であった。 エンジンは、多くの方法で750及び860ツインから大きく改良されたが、時代の流れからは取り残されていたようであった。

84年の製造品質は劇的に向上したが、ミッレの製造はカジバ社による買収と同時期であり、先行きの不安からか従業員の士気は低下し、これに伴い、85年に向けて品質は低下していった。 ミッレ・エンジンは、間違いなく全てのベベル・エンジンで最も信頼性が高いものであったが、更なる開発と、より強固なシャーシを必要としていた。

しかし、ベベル・ツイン・エンジンの製造コストの高さは、カジバ社による買収直後、これらの製造中止を決定させるには十分であった。

・年式毎の特徴・
・主要諸元・
フレーム形式ZDM1000S2
100001〜100202
エンジン形式ZDM1000
100001〜100833
ボア×ストローク88×80mm
総排気量973cc
圧縮比9.3:1
最大出力83PS/7500rpm
90PS/7500rpm
タイヤサイズ 前輪100/90V18
後輪130/90V18
ブレーキ フロント280mmダブルディスク
リア280mmディスク
ホイールベース1499mm
シート高800mm
全長2220mm
全幅699mm
重量196kg
ギア比 一次39/69
二次15/41
タンク容量18L
キャブレターデロルトPHM40BD/BS
総製造台数171
84〜85年式

 ・フレーム等
ミッレS2とミッレMHRのフレームはほとんど同じものであるが、フレーム番号は異なるシーケンスが使用されていた。 ミッレS2のフレーム形式は「ZDM1000S2」が指定され、フレーム番号は「100001」から開始されているが、フレーム・ホモロゲーション番号はミッレMHRと同じく「DGM 51429 OM」である。

2つのフレームの間にある唯一の違いは、ミッレS2のタンクは幅が狭いため、より優れたステアリング・ロック機構を持っていることである。 これは、ロア・トリプル・クランプ下のラグに、薄いストッパーが取り付けられ、それによってロックするものである。

ミッレS2の外装は、84年式900S2よりも83年式に近い。 カウル、タンク、シート及びサイド・カバーはブラックにペイントされ、イエロー、オレンジ及びレッドのストライプが入れられるとともに、タンク・デカールは再度オレンジに戻され、オレンジの「Mille S2」デカールが両サイド・カバー及びシートに貼られていた。 初期のミッレMHRと同様に、少数の初期のミッレS2のサイド・カバーには「Mille」の代わりに「1000」デカールが貼られている。

ミッレS2は、不評であった施錠可能なフラッシュ・マウントのタンク・キャップ及び、右側のバキューム式燃料タップを採用し続けた。 また、84年式900S2と同様に、エンジンの下にはアンダー・カウルが装着され、外装に合わせてブラックにペイントされるとともに、両側に「DESMO」デカールが貼られていた。 外装を取り付ける全てのスクリューはブラックである。 なお、ミッレMHRにはレッドのフロント・マッドガードがあったが、ミッレS2は900S2と同様にブラックのみである。

2つのモデルの走行器材類は同様であったが、ミッレS2には後期型のミッレMHRに採用された、レッドにペイントされたエア・キャップ付きのマルゾッキ製フォークのみが採用されている。 プロトタイプのミッレS2は、16インチのカンパニョーロ製フロント・ホイールを持っていたが、量産のミッレS2は同じくカンパニョーロ製の18インチ・ホイールであるとともに、ブレーキ、タイヤ及びマルゾッキ製リア・サスペンションは、ミッレMHRと同じものである。 また、ブレーキ及びクラッチ・レバーは、ブラックのドッグレグ・タイプであった。
 ・エンジン等
外観的には異なるが、ミッレMHR及びミッレS2は本質的に同じであり、ミッレS2は以前の900S2よりも、ミッレMHRと密接に関係している。

ミッレ・エンジンは、同じ番号シーケンスを共用し、エンジン番号「ZDM1000 100001」から開始されている。 しかし、ミッレS2はミッレMHRの数ヶ月後に製造を開始されたので、全てにオイル・ポンプの改良等の変更が行われている。 エンジンはミッレMHRと全く同じものであるため、従って、同じ製造品質と「役不足」のエレクトリック・スタート・モーターを持っている。 また、ミッレMHRと同様に、エア・クリーナー付きのデロルト製PHM40キャブレター及びサイレンチウム製マフラーが装着されている。

サイレンサー・ホモロゲーション番号も、ミッレMHRと同じく「E3 9R−0040605」及び「E3 9R−0440604」である。 サイレンサー・ホモロゲーション・プレートも同様に、右側サイド・カバーの下に取り付けられていた。
 ・電装等
ミッレS2は900S2から発展しているが、インストルメント・パネル、キャレロ製ヘッドライト、ベルリッキ製クリップ・オン・ハンドル及び油圧式クラッチとマスター・シリンダーは、ミッレMHRと共用されている。 大きなCEV製のテールライト及びターン・インジケータは、84年式900S2と同じであり、フロント・ターン・インジケータはフラッシュ・マウントではない仕様である。






前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)