前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)

750S(Sport)


共通仕様72年式73年式74〜75年式フラッシャ

・モデルの概要・
750GTの製造開始後間もなく、ドゥカティ社はその「スポーツ・バージョン」のテストを開始した。

1971年末に発表された最初のプロトタイプは、ブルーノ・スパッジアーリの500GPでの活躍を受けて「スパッジアーリ・レプリカ」と呼ばれ、新しいスタイルのタンク、ホワイトにペイントされたフレーム、シングル・シート、クリップ・オン・ハンドル及びバック・ステップを採用し、750GTのスタイルを洗練したものであった。

最終的に72年10月に製造を開始された750Sは、750GTと比較し、高圧縮比ピストンの採用及びキャブレター径の増大により出力を向上させるとともに、スパッジアーリ・レプリカ同様の外装(フレームはブラックにペイントされた)を持ち、「ドゥカティ=スポーティー」の印象を決定付けた。

750Sもまた、750GT同様に米国DOTレギュレーションの影響を受け、75年までカタログにラインアップされた後、姿を消した。

あるデータによると、73年式以降の750Sの製造台数は1625台とされており、72年式の約300台を加えると、総製造台数は1900台程度であると推測される。

・年式毎の特徴・
共通仕様

 ・フレーム等
750Sのフレーム形式は、750GTと同じく「DM750S」であり、フレーム番号も共有している(フレーム・ホモロゲーション番号も同じ)。 750GTとの製造年度の違いにより、750Sのフレーム番号は早くても「750500付近」以降から開始され、 最終的には「757000付近」まで製造されており、フレーム番号の刻印も750GT同様、ステアリング・ヘッドに施されている。

マルゾッキ製305mmリア・サスペンションは、750GTと同様であるが、上部のカバーが取り外されるとともに、スプリングがブラックにペイントされている。

WM2×19及びWM3×18のボラーニ製アルミ・リム、シングル・ディスク・ブレーキ及びシングル・リーディングのリア・ブレーキは750GTと同じであり、スポークもシルバー・ペイントである。 なお、750Sにはラダエッリ製のスチール・リムは採用されていない。

750Sのハンドルは、ベルリッキ製のクリップ・オン・ハンドルであり、M6×20mmのアレンヘッド・ボルトでフォークに取り付けられていた。バー・エンドには、ブラックのプラスチック製エンド・キャップが装着されている。 ハンド・グリップは、ベルリッキ製の750GTと似た形状のものであるが、エンド・キャップを装着するための穴が開いている。

ステップ及びペダルは、カドミウム・メッキされたもので750Sの専用品である。 ステップは750GTよりも高く、後方に設けられたブラケットに取り付けられるとともに、左側ステップは固定されていたが、右側はキック・スタート・レバーのクリアランスを確保するため、折りたたむことができるようになっていた。 シフト及びブレーキ・ペダルは、リンクを介することによりバック・ステップ化に対応している。 ブレーキ・ペダルは新しいタイプが採用されているが、ブレーキ・スイッチは装着されていなかった。

いくつかの750Sには、オプションのフレーム・マウント式ハーフ・カウルが装着されている。 このハーフ・カウルは、ステアリング・ダンパーからのサポートで上部が支持されているため、ステアリング・ダンパー・ロッドの変更が必要であった。 ハーフ・カウルは見た目にはスポーティーであったが、ヘッド・ライトがフロント・フォークのブラケットを介して装着されていたため、ハーフ・カウルのヘッド・ライト・スクリーンを通して配光を行うという、多くの国で認められていない方法を採用している。 また、ハーフ・カウル自体も6カ所のみで保持されるという不安定なものであったが、750SSが発表された以降もドゥカティ社はこの保持方式を採用し続けている。

ファイバー・グラス製シングル・シートは、4本の6mmボルトのみでサブ・フレームに装着され、シート内には小物入れが設けられた(750GTはシート下である)。 この小物入れには、ツール・ボックス(750GTと同じもの)及び「750GT用」オーナーズ・マニュアルが入れられていた。 シートがネジ止めであったため、ヒューズ交換等のためにシートの脱着を繰り返すうちに、ファイバー・グラスが破損しやすいという問題があったが、750Sの製造期間を通じてこの取り付け方式は変更されなかった。
 ・エンジン等
750Sのエンジンも750GTと同じく、エンジン形式が「DM750」であり、エンジン番号も連番である。 エンジン番号はフレーム番号と同じく「750500付近〜751800付近」と推測され、エンジン形式及びエンジン番号の刻印の位置も750GTと同じである。

750Sのエンジンは、750GTより出力が向上されているが、エンジンの仕様は少変更を受けているのみである。 750GTに採用されていたボルゴ製のフル・スカート・タイプのピストンは、モンディアル製スリッパー・タイプの鍛造ピストン(重量が各々70g軽量であり、圧縮比が9.3:1に増加されている)に変更されるとともに、クランク・シャフトも軽量化され、コンロッドもポリッシュされた鍛造品が採用されている。 バルブ、ロッカー及びバルブ・スプリングは、750GTと同じであるが、ポリッシュされたスチール製フライ・ホイールと高圧縮比のピストンに適合されたカム・シャフトのプロファイルにより、750Sのエンジンは、750GTより高回転仕様となっている。

キック・スタートは、750GT中期に採用された、リターン・システムが改良された方式であり、全ての750Sには、長いキック・スタート・シャフト(315mm)と新しいタイプのキック・スタート・レバーが採用されている。 また、750GTとは異なり、750Sのキック・スタート・レバーにはラバーが装着されている(このラバーは、73年式まではクロス模様であったが、74年式以降はリブ状になっている)。

デロルトPHF32AD/ASキャブレターにはエア・クリーナーが装着されず、プラスチック製ファンネル仕様であった。 このため、クランク・ケース・ブリーザー・ホースは、レギュレータ側のサイド・カバー内に取り回されている。 ブラックのプラスチック製ブリーザーの長さは、320mmであった。

スロットルは、ストップ・スクリューが上部に付いた、クロム仕様のトマゼリ製「デイトナ−2C」であり、スロットル・ストップ・スクリューには、小さなブラックのプラスチック製カバーが取り付けられていた。

74年式750GTが「静かでおとなしい」仕様に移行する中、750Sにはコンチ製マフラーが採用され続けた。 このサイレンサー・ホモロゲーション番号も750GTと同じく「DM 750S E3 9R−9596」である。

フレーム、エンジン及びサイレンサー・ホモロゲーション番号等が750GTと同一であることにより、750Sと、750S風に改造された750GTを見分ける方法はない。
 ・電装等
750Sでは、エレクトリック・スタート・モデルが製造されていないので、750GTのエレクトリック・スタート・モデルに見られるバッテリー搭載位置及びバッテリー変更は行われず、ユアサ製12N12A−4Aバッテリーが採用されている。

全ての750Sは、アプリリア製「JOD」170mmヘッド・ライト(55/60Wハロゲン球)を採用しており、ヘッド・ライト・シェルには、750GTのダッシュ・パネルにあるような、3つのワーニング・ランプが取り付けられていた。 なお、初期型750GTと異なり、750Sはヘッド・ライト・シェル内のフラッシャー・リレーを除いてインジケーター用の配線を持たず、右のハンドルにはインジケーターやスイッチ類を装着するためのブラケット等は設けられていなかった(大きなテール・ライトを持つ、いくつかの米国仕様を除く)。 テール・ライト・ブラケットは750GTの米国仕様に見られる大型のブラック・メタル製ではなく、ブラックのプラスチック製であり、これにCEV製の小型テール・ライトが装着されている。

750Sにはベリア製のメーターのみが使用されており、ブラックのプラスチック製ケースに入れられ、アッパー・トリプル・クランプ上のブラックにペイントされたメタル製ブラケットに取り付けられていた。
・主要諸元・
フレーム形式DM750S
750500付近〜751800付近
エンジン形式DM750
750500付近〜751800付近
ボア×ストローク80×74.4mm
総排気量748cc
圧縮比9.3:1
最大出力64PS/7900rpm
タイヤサイズ 前輪3.25H19
後輪3.50H18
ブレーキ フロント278/280mmディスク
リア200mmドラム
ホイールベース1529mm
シート高769mm
全長2220mm
全幅711mm
重量182kg
ギア比 一次29/71
二次16/36
タンク容量19L
キャブレターデロルトPHF32AD/AS
総製造台数約300
72年式

 ・フレーム等
この年式の750Sは、750GTと同じワイド・フレームが採用されるとともに、ロッキード製「CP2195」キャリパー及び「CP2215」マスター・シリンダーによるシングル・フロント・ディスク・ブレーキが使用されている。 ブレーキ・ディスクは中央がシルバーにペイントされた鋳鉄製ディスクであり、ディスクの径は広告等では280mmとされていた(実際には276mmであった)。

ブレーキ・ラインは一体仕様であり、ブレーキ・ライト・プレッシャー・スイッチは取り付けられていない。 なお、ハンドル・バー及びマスター・シリンダーの間に隙間がないため、マスター・シリンダーにプレッシャー・スイッチを取り付けることはできない。

リーディング・アクスル方式のマルゾッキ製フォーク及びトリプル・クランプは、エンジンに併せてブラックに塗装されるとともに、フォークの左側下に通常の「Marzocchi」デカールが貼られている。 ヘッド・ライトのブラケットはベルリッキ製のものであり、ラバーを介して、下側トリプル・クランプから約38mm上のフロント・フォークに取り付けられている(この数値は重要で、この年式ではこれ以外の位置に装着した場合、舵角等に影響が出る)。 また、この年式の750Sのフロント・ホイールは、フロント・ハブがスチール製の合わせ仕様であった。

メーター・ブラケットは、フラットなスポーティーなタイプであるが、スピード・メーター・ケーブルがヘッド・ライト・シェルと干渉して曲げられ、故障しやすいという問題があったため、後の年式では変更されている。 ベルリッキ製のハンドルは、後の年式とは異なり、メーター付近のバー・エンドにベルリッキのデカールが貼られている。 ブレーキ及びクラッチ・レバーは、クラッチ・レバー・ホルダーと同じくブラックであり、チョーク・レバーは、ケーブルが短いことを除いては750GTと同様の、2in1ジャンクションを使用しているポリッシュされたアルミ製のものである。 左側に取り付けられたハイ/ロー・ビーム・ライト及びホーン・スイッチは、750GTと同じアプリリア製のクロムメッキ仕様であった。

外装は全てファイバー・グラス製であるが、タンク及びシングル・シートはワイド・フレームに装着されていることからこの年式の専用設計である(後の年式のものとはパーツ番号が異なる)。 このタンクは、フレームの広い部分を避けるために、タンク後部に波状の窪みがある。 72年式750Sの特徴は、ブラックの所謂「Zライン」デカールがタンク・サイドに貼られていることである。 このラインはシートまで繋がっており、広いブラックのストライプがタンク上面に、狭いストライプがフロント・マッドガードに貼られていた。 また、タンクには「Made in Italy」のデカールは貼られていない。 サイド・カバーもブラック・ペイントが施され、「750 Sport」デカールが貼られている。
 ・エンジン等
クランク・ケース・カバー、カム・シャフト・ドライブ・チューブ及びカム・シャフト・ギア・カバーは、750GTとは異なり、ブラックのリンクル塗装が施されている。 なお、右側クランク・ケース・カバーの「DUCATI」パネル及び「750」と鋳込まれたカム・シャフト・ベアリング・ハウジングは無塗装である。
 ・電装等
ベリア製スピード・メーターは750GTと同じものであるが、電気式タコ・メーターは異なるものである(パーツ番号も異なる)。 ヘッド・ライト・シェルには、750GTのダッシュ・パネルと同様の、細長いプラスチック製のヘッド・ライト・スイッチ及び3つのワーニング・ランプが取り付けられている。 イグニッション・スイッチは、タンクとシートの間に設けられており、オン/オフの2ポジションである。
・主要諸元・
フレーム形式DM750S
751800付近〜754500付近
エンジン形式DM750
751800付近〜754500付近
ボア×ストローク80×74.4mm
総排気量748cc
圧縮比9.3:1
最大出力64PS/7900rpm
タイヤサイズ 前輪3.25H19
後輪3.50H18
ブレーキ フロント278/280mmディスク
リア200mmドラム
ホイールベース1529mm
シート高769mm
全長2220mm
全幅711mm
重量182kg
ギア比 一次29/71
二次16/36
タンク容量19L
キャブレターデロルトPHF32AD/AS
総製造台数769
73年式

 ・フレーム等
この年式では、750GTとは異なったモデルであることを主張する重要な変更が行われている。 72年に発表された750SSプロトタイプが、リアのサブ・フレームが狭く、リア・サスペンションがサブ・フレームの外側に取り付けれらる、所謂「ナロー・フレーム」を採用していたことに伴い、この年式の750Sではナロー・フレームが採用されている。 なお、このフレーム仕様の変更は、ベルリッキにより行われている。

73年式750Sのフロント・ディスク・ブレーキは、スカラブ製のキャリパー及びマスター・シリンダーとなった。 当初はブレーキ・スイッチのないワン・ピース仕様のブレーキ・ラインであったが、後にラバー・ブーツで覆われたブレーキ・プレッシャー・スイッチを持つジャンクションが、ロア・トリプル・クランプに追加されるとともに、ツー・ピース仕様のブレーキ・ラインとなった。 スカラブ製キャリパーの刻印は、「SCARAB」よりも「DUCATI」の方が多く、マスター・シリンダーはシングル・バンジョー・ボルト付近にブレーキ・ライン・アタッチメントを持っている。 マスター・シリンダーのピストン径は、13.5mmであった。

ナロー・フレームの採用に伴い、ファイバー・グラス製タンクはフレームに適合できるように改修されるとともに、シングル・シート及びリア・マッド・ガードは新設計のものとなった。 ファイバー・グラスの「メス型」は新しくなったが、問題のあったタンクの形状及びシートの固定方法は変更されていない。 なお、73年末からスチール製タンクの仕様が製造されている(米国仕様であり、パーツ・リスト未掲載)。 外装はグラフィックが変更されたが、イエローのカラーはそのままである。 タンクには初期型(黄色)の「Made in Italy」デカールが貼られるとともに、グラフィックは750Sの製造期間を通じて、この年式以降、変更は行われていない。 サイド・カバーには、小さな「Sport」デカールのついたプラスチック製の「750」バッジが付けられるとともに、フロントのマッドガードには、フォーク・レグの間にメタル製の補強が入れられている。

メーターのブラケットは、この年式からメーターの幅を狭く且つ高い位置で固定するようになり、スピード・メーター・ケーブルに関するトラブルを解消している。
 ・エンジン等
エンジンの仕様は、細かい点を除いて前年式同様である。 アルミ製のインレット・マニホールドがスチール製に変更されるとともに、デロルト製キャブレターのファンネルは、ネットの目の粗いタイプとなった。
 ・電装等
73年式750Sでは、前年式に採用されていたシングルのCEV製ホーンが、ベッリ製のダブル・ホーンに変更されるとともに、ヘッド・ランプ・シェル上のライト・スイッチが、ブラックのプラスチック製の細いものに変更された(パーツ番号は同一である)。

73年式後期(エンジン番号「753500付近」)以降、電気式のベリア製タコ・メーターは、機械式のものに変更された。 このため、フロント・カム・シャフト・ベベル・ギア・カバーが変更されたが、ペイントはブラックのままである。
ほぼ同時期、イグニッション・コードがレッドのプラスチック・コーティングされたものから、同様のグリーンのものに変更された。
・主要諸元・
フレーム形式DM750S
754500付近〜757000付近
エンジン形式DM750
754500付近〜757000付近
ボア×ストローク80×74.4mm
総排気量748cc
圧縮比9.3:1
最大出力64PS/7900rpm
タイヤサイズ 前輪3.25H19
後輪3.50H18
ブレーキ フロント278/280mmディスク
リア200mmドラム
ホイールベース1529mm
シート高769mm
全長2220mm
全幅711mm
重量182kg
ギア比 一次32/70
二次16/36
タンク容量19L
キャブレターデロルトPHF32AD/AS
総製造台数856
74〜75年式

 ・フレーム等
この年、デスモ・ドローミックを採用した750SSの量産が開始され、750Sはフラッグ・シップ・モデルの役目を終えた。 74年までの間、750Sはいくつかの点を除いて、実質的には変更を受けていない。

この年式では、同年式の750GT同様にリーディング・アクスルのマルゾッキ製フォークが、ブラックにペイントされたセリアーニ製のセントラル・アクスル・フォークに変更されている。 このフォークは、トップ・トリプル・クランプを除いて、同時期の750GTに採用されたものと同じものであり、ホワイトの「Ceriani」デカール、2本のアクスル・クランプ・ボルト及び両方のフォーク・レグ後方にドレイン・プラグを持つ仕様であった。

セリアーニ製フォークに採用されたブレンボ製の鋳鉄シングル・ディスクは、径が280mmに拡大されたものであり、ディスクの中央はブラックにペイントされている。 フォーク前方に取り付けられたブレンボ製「P2F08N」キャリパーは、ブレーキ・パッド上にプラスチック製のカバーと、2つのブリーディング用のニップルを持っている。 750GTに採用されたものとは異なり、これらはマスター・シリンダーのバンジョー・ボルトとラインの間にブレーキ・ライト・プレッシャー・スイッチを持たず、スイッチはロア・トリプル・クランプ上に統合されていた。 ブレンボ製ブレーキを装備したバイクのブレーキ・ラインは、キャリパーにメタル・コネクションを持つラバー製であった。 セリアーニ製フォークを持つ750Sの多くは、ポリッシュされたアルミ製のブレーキ及びクラッチ・レバーであったが、その他の750Sはブラックのレバーが採用されている。

この頃ドゥカティ社では、エンジンを事前に組み立てて工場内にストックしておき、数ヵ月後にフレームに載せて出荷するということが日常的に行われていた。 このため、73年式のエンジンが74年式のフレームに載せられるということもままあり、この時期、エンジン番号とフレーム番号の間には400番程度の食い違いが発生している。

73年式のエンジンの在庫がなくなった後、750GTと同様にセントラル・アクスルのマルゾッキ製フォークが750Sにも採用され始めた。 これらのフォークは、リーディング・アクスル用のフラットなトリプル・クランプを使用しており、750GTに採用されたような、オフセットされたトリプル・クランプではない。 セントラル・アクスルのマルゾッキ製フォークを採用している750Sには、スカラブ製ブレーキが使用され、キャリパーはフォーク後方に取り付けられている。 スカラブ製ブレーキには278mm径(実寸は276mm)のディスクが取り付けられているが、鋳鉄製ではなく、中央がブラックにペイントされている。 なお、750GTとは異なり、750Sのセントラル・アクスルのマルゾッキ製フォークには、ブレンボ製キャリパーの仕様はない。

セントラル・アクスルのマルゾッキ製フォークを使用している750GTは、スチール製のホイールを採用しているが、750Sではボラーニ製のアルミ・リムのままである。

この年式から、オプションとしてデュアル・シートが追加(パーツ・リスト未掲載)されるとともに、クリップ・オン・ハンドル・バーは、後方にややオフセットされ、楽なポジションとなった。 このハンドル・バーは、74年式750Sの専用品であり、パーツ・リストには掲載されていない。 左側スイッチ・ボックスは、クラッチ・レバー及びチョーク・メカニズムが一体化し、調整機能の付いた860GT(E)スタイルのクラッチ・ケーブルが採用されている。 これらのパーツは、前年式までとは互換性がない。
 ・エンジン等
エンジン番号「754500〜755500付近」に、エンジン仕様の混乱が発生している。 時期的には73年末から74年初期であり、これらのエンジンは、73年式の特徴であるブラックのクランク・ケース・カバーを持っているが、内部のギア等は後期型のものが取り付けられており、74年初期の750Sはこの仕様となっているものが多い。

この年式では、エンジンの仕様の一部に変更を受けているが、その多くは750SSの導入に伴うものである。 エンジン番号「755500付近」以降、ブラックにペイントされたクランク・ケース・カバー等は、750GT同様、ポリッシュされたものとなった。 クラッチ・カバーは内部のウェブリングが強化されたもの(750SS用パーツ)となり、ロッカー・カバーはドーム型の高さのあるものとなった。

750Sでは、750GTに採用されたような、スクリュー及びロック・ナット式のバルブ調整機構は採用されなかったが、インレット・バルブは長くなった。 カム・シャフトは、750GTに採用されたものと同じタイミングであるが、新しいプロファイルを持つものとなった。 一時減速比も750SS同様(32/70)となり、これに伴いクラッチ・ハウジングのベアリングも変更されているが、二次減速比は16/36のままであり、この年式では高ギア比となっている。

750Sには、750GTと異なる強化型のコンロッドが採用されているが、この年式のコンロッドは、極初期のものとは異なり、ポリッシュの度合が低いものとなっている。 エンジン・ブリーザーは、750SSと同じもの(パーツ・リスト未掲載)であり、ブラックのプラスチック製チューブがレギュレータ付近まで延長されている。 ただし、このブリーザーを採用している750Sは少なく、多くは前年式同様のブリーザーを採用している。
 ・電装等
ブラックのエンジン・ケースとセリアーニ製フォークを採用する750S(74年前期)は、アプリリア製のライト/ホーン・スイッチを持ち、イグニッション・キーは、シートとタンクの間にマウントされていた。

ポリッシュされたエンジン・ケースとマルゾッキ製フォークの仕様では、ヘッド・ライト・オン/オフ・スイッチが左側のCEV製スイッチ・ボックスに取り付けられ、ヘッド・ライト・シェル上のスイッチは廃止されている。 3つのワーニング・ランプは前年式同様であるが、ヘッド・ライト自体は新しいタイプが採用されている。

750GT及び750SSと同様、イグニッション・リードは、750SSに採用されたブラックのものとなっている。
フラッシャ
750GTと同じく、750Sも78年に23台の「フラッシャ・モデル」が製造されている。

これらの仕様は最後の74〜75年式モデルと同様に、コンチ製マフラー及びエア・フィルターのない仕様であったが、細部については750GTのフラッシャ・モデルと同様に様々なパーツが使用されている。






前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)