前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)

860SS(Super Sport)


73〜75年式

・モデルの概要・
1973年6月、ファビオ・タリオーニ技師は、モンジュイック・パークにおけるバルセロナ24時間レースに750SSの860ccバージョンを送り込んだ。 このレースは、前年のイモラ200マイル・レースほど格式は高くはなかったが、ドゥカティ社の未来を決定付ける非常に重要なレースであった。 このレースにおいて、サルバドール・セネラス及びベンジャミン・グラウの2人のライダーは、2位のブルタコに16ラップの差を付けて優勝するとともに、平均速度は71mphを記録した。 このレーサーは、初期の砂型クランク・ケースのラウンド・ケース・エンジン(エンジン番号は750404以前)をベースに乾式クラッチ化されるとともに、86mmのボアを持つ450ccシングル・モデル用のレーシング・ピストンが使用されていた。 翌年、タリオーニ技師はバルセロナに再度このレーサーを送り込んだが、セネラスとグラウは、16時間が経過した時点でギア・ボックスのトラブルのため、リタイアとなった。

同年、750S及びシングル全機種の製造が中止され、750GTは、よりグラン・ツーリスモ色の強い860GTに移行した。この年の前半には1つのシリーズとして750SS(ラウンド・ケース)が製造されたが、限定モデルの意味合いが強く、これを除いて ドゥカティ社のラインナップ中にスポーツ・モデルを欠くこととなり、前年の「860ccモデル」の市販化を期待していた世界中のドゥカティストを失望させることとなった。

しかし75年初頭、ドゥカティ社はイースター・バサーストで行われる「無制限」プロダクション・レースに出場するため(ライダーはケニー・ブレーク)、1台のラウンド・ケースのマシンをオーストラリアに送り込んだ。 ブレークはこのレースに圧勝したが、「このバイクは市販モデルではない」との抗議を受けることになる・・・しかしドゥカティ社は直ちに、このモデルが確かに「市販モデルである」と認証し、ブレークの優勝の名誉を回復した。 この背景には、「市販の860ccスポーツ・モデル」、即ち900SSの計画が進行していたことは明白であり、事実、この僅か数ヶ月後には900SSの市販が開始されている。

これら一連の860ccラウンド・ケース・モデルが、通称「860SS」と呼ばれるモデルである。 860SSは本質的にはファクトリー・レーサーであり、「モデル紹介」に上げるのは少々憚られるが、後の900SSに繋がるモデルとして、また「市販モデルである」と主張したファクトリーに敬意を表して掲載するものである。

・年式毎の特徴・
・主要諸元・
フレーム形式DM750S
750001〜750404
DM750SS
075001〜075411
エンジン形式DM750
750001〜750404
DM750.1
075001〜075411
ボア×ストローク86×74.4mm
総排気量864cc
圧縮比不明
最大出力不明
タイヤサイズ 前輪3.50V18(推定)
後輪3.50V18(推定)
ブレーキ フロント278mmダブルディスク
リア230mmディスク
ホイールベース1529mm
シート高769mm
全長2230mm
全幅676mm
重量不明
ギア比 一次不明
二次不明
タンク容量20L
キャブレターデロルトPHM40AD/AS(推定)
総製造台数2?(番号等未確認)
73〜75年式

 ・フレーム等
860SSは、本質的にスクエア・ケースの860ccモデルと同じボア・ストロークを持つ、1974年式750SSであった。 73年及び74年モデルは、おそらく同じ車両であると推測され、これは71年式750GTと同じ フレーム及びエンジン番号を持つ(即ち、72年のイモラ200マイル・レーサーと同じ成り立ちである)。 また、75年モデルは74年式750SSと同じフレーム及びエンジン番号を持っている。

フレームは外観から推測する限り、74年式750SSとほぼ同様であるが、シングル・シート仕様であるにも関わらず、750GTに採用されたものと同じようなタンデム・ステップが取り付けられている。 外装の形状は、タンク、シングル・シート、サイド・カバー及びフロント・カウルともに74年式750SSと同じようであるが、タンクに入れられた燃料確認用のクリア・ストライプが幅広(73年式750SSに見られる)であるとともに、サイド・カバーのデカールが「860 Super Sport」となっている。

フロント・フォークも74年式750SSと同じく、セントラル・アクスルのマルゾッキ製と思われるが、左右のフォークを入れ替え、ブレーキ・キャリパーがフォーク後方に取り付けられている。 リア・サスペンションについては変更はないようである。

フロントのスカラブ製ブレーキ・キャリパーは、取り付け位置が変わっているほかは変更はない。 リアのロッキード製キャリパーについても変更はなく、74年式750SSと同じく、スイング・アーム上部に取り付けられている。
 ・エンジン等
実際には860SSはプロダクション・モデルではなく、注意深く見れば誰もが「ファクトリー・レーサー」であると理解できるものである。

750ccエンジンとの外観上の違いは、カム・シャフト・カバーに860ccエンジン用のものが使用されている(750用は、「750」のレタリングを持っている)ほか、クラッチ・ケーブルの取り回しが、通常の左側からではなく、エンジン右側から行われている程度であるが、73〜74年モデルはクラッチが乾式化されている。

シリンダー・ヘッドは900SSと同じものが使用されていると推測されるが、カム・シャフトはレース用の所謂「イモラ・カム」が使用されているほか、クロス・レシオのギア・ケースを持っていた。 エンジン諸元等の詳細は不明であるが、イースター・バサーストでブレークは、「カワサキZ1 900」が主体となったレースを圧勝していることを考えると、かなりのハイ・チューンであったと推測され、おそらくレーシング・コンロッドや高圧縮比のピストンも採用されていたであろう。
 ・電装等
外観から判断する限り、電装関係も74年式750SSと同じであると思われる。 アプリリア製「JOD」ヘッド・ライトとCEV製のスモール・テール・ランプが取り付けられているが、スーパー・スポーツの例に倣い、ターン・シグナルは取り付けられていない。

なお、エンジン・チューニングに伴い、点火進角が変更されていると思われるが、推測の域を出ない。






前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /モデル紹介へ(Model Guide)/ /次へ(Next)