前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /コラムへ(Column)/ /次へ(Next)

ベベルバカ?

(Why Bevel Enthusiasm?)

クラブマン誌の田口編集長は、業界でも有名な「ベベルバカ」だそうである。 Yahoo!のトピやこのサイトにおける「ベベルバカ」とは、安易にこのネーミングをいただいたものである。

さて「バイク乗り」という言葉はともかく、ライダーを指して「○○乗り」(○○にはモデル名等が入る)という呼び方がある(自称する方もいるようだが・・・)。 ここで言えば「ベベル乗り」という呼び方が該当する。 また、ベベルに関して言えば「ベベリスト」という呼び方もある。
Yahoo!のトピやこのホームページで「何故」これらの呼び方を使わず、蔑称とも取れる「ベベルバカ」という呼称を使用するのか?

答えは簡単である。
「ベベル乗り」というと「ベベルを乗りこなしている人」というイメージが湧く(日本語の意味からすれば、ただ単に「ベベルに乗っている人」なんだけれど・・・)。 ましてや「ベベリスト」と言えば、これはもう「ベベルに関するエキスパート」といったイメージである。
私は、他人に対しては「ベベル乗り」とか「ベベリスト」とかいう呼称を使うこともあり、他人が自称される分には一向にやぶさかではない。 しかし、これらの呼称を自称したり、他人に呼ばれたりするのは「恥ずかしくて」しょうがないのである。
「ベベル乗り」「ベベリスト」・・・やめてくれぇ!私ゃ「乗りこなしてもいない」し、ましてや「エキスパート」なんてとんでもない!
こんな呼び方をされると「こっぱずかしくて」たまらん!
私は単なる「ベベル好き」であり(ちょっと度が過ぎてるかも知れないが・・・)、とてもそのような「称号」をいただくわけにはいかない。
だから「ベベルバカ」で十分である(もっとも、この語感も気に入ってるが)。







前へ(Back)/ /トップへ(Top)/ /コラムへ(Column)/ /次へ(Next)